アウトレット家具の魅力
  1. ホーム
  2. アウトレット家具のベッドフレーム

日々のリラクゼーション・スペース

ベッドフレームを選ぶ

マットレスと同様、ベッドフレームなどのベッドそのものの機能も、実に多様で選ぶ上で大切な部分です。値段も家具の中では高額の部類に入ると思いますし、そう何度も何度も買い替えするものではありませんので確かなものを購入するべきです。

実際に、何日間か使用してみるのが一番良いのでしょうが、なかなかそうもいきません。せめて、寝転がったり、触って確かめるのがよいでしょう。

布団と比べて、ベッドの利点といえば

  1. 収納などが備え付けてある。
  2. 起きたときにスムーズに立ち上がったりできる。
  3. いちいち布団をしまわないで済む点。
  4. 床にたまったホコリを吸い込まない。
  5. 見た目もスッキリ

などの理由が考えられ、多くの点で布団より優位性があると思います。マットレスもそうですが、ベッドフレームは、そう何度も何度も買い替えするものではありません。値段も家具の中では高額の部類に入ると思います。

サイズ

意外とつかみにくいのが、サイズです。実際に部屋に入れて試すわけにも行かないのでなかなかイメージしづらいのではないでしょうか?配置する部屋のサイズをしっかり測っておきましょう。

用途や好みにもにも寄りますが

  • 4畳半‐シングルベッド
  • 6畳‐ダブル、セミダブルベッド
  • 8畳‐ツインベッド

それぞれ、サイズは多種多様ですので一概には言えませんがおおまかに、部屋の広さとベッドのサイズを分けることが出来ます。

とにかく、大きく幅をとる家具ですので、余裕を持って配置するのがポイントです。ギリギリですと、せっかく買ってもリラックスできず、ストレスが溜まってしまいます。ベッドを配置をっ考えるときに、ドアや窓の位置、ほかの家具の扉や引出しのスペース、また、ベッドを降りる際の足を踏み出すスペースなども考慮しておくとよいと思います。

デザインと機能

ベッドはインテリア家具としての側面もありますのでデザインや機能性も、選ぶ条件として当然考えると思います。もちろん、これだけにとらわれると失敗しますので、そこは、性能やサイズなども含めて、熟慮して選びます。

収納

意外に場所をとるベッドですが、ベッド収納家具として使うというのは有効な手段です。収納付のベッドはアウトレット家具としても人気商品です。両側から引き出しをつけられるものや、マットレスの下部が全て収納できるリストタイプなど、様々ですので間取りや用途によって選んでいくと良いと思います。

清掃

見逃されがちな部分ですが、清掃のしやすさも大事なポイントです。ベッドは、汗をかいたり、ホコリが溜まったりと実は不衛生になりがちな場所です。据え置きタイプですと、ベッドを移動しないと、うまく清掃できないものもあります。収納部分がベッドの下部についているものは、すべて引き出しを取り外していただけば、比較的容易に清掃できるのではないでしょうか?一番清掃しやすいのは、脚がついているタイプのものです。収納ボックスがない分、手間も省けて清掃はしやすいタイプです。

アウトレット家具とベッド

アウトレット家具の中でも、非常に人気があるのが、ベッドです。出品点数やデザイン・素材・仕様・サイズなど多種多様に出品されます。フランスベッドが主催する、アウトレットセールなどでは、実際にベッドの品質やどのあたりが、アウトレットになった理由なのかをじっくり確かめることができます。カタログなどでは分からない素材や寝心地・すわり心地などを、その場でいろいろなベッドを比べて、好みのベッドを見つけることが出来ます。